フィルム写真の目的がフィルムで撮った写真の質感(粒状感)みたいなところならネガがいいかな。
わざと露出をオーバー(アンダー)気味に撮って、プリント時の補正で適正にするとフィルム写真っぽくなるだろうし。

リバーサルフィルムの高感度はISO100しか選択肢がないのが問題点。
FUJIFILMのPROVIA100Fは400までの増感に対応しているが、現像代が数百円高くなる。

なのでリバーサルで撮って気に入ったものだけプリントするほうがいいかも。
ネガはプリント時に機械補正が入ることが多いので、フィルム上でダイレクトに撮影結果を確認するリバーサルのほうが露出設定なんかの勉強にもなる。

フィルム写真のランニングコスト。
ネガのフィルム+現像+全部Lプリントの価格と、リバーサルのフィルム+現像の価格は2500円程度でだいたい同じ。
ただし、ビックカメラのネガのコダックプリントパックは現像+プリントがセットで1000円でフィルム代足すと1600円程度と安い。

ユカオフ、第1回の貢献者・中澤理香さんも参加されるんですねー。
行けなくて残念だ。

アップル公式YouTubeでPodcast。
アプリはAnchor。

iPad Pro — A new way to host your own podcast — Apple
youtu.be/lStdWKDZuWI

Surface Go のUS版タイプカバーキーボード。左右対称加減がたまらん。
スペースキーとタッチパッドの幅が同じっていうところも好き。

料理レシピは山本ゆりさんのブログやレシピ本が好きですね。
そんなの家にないよっていう調味料が出てこないし、分量もグラム表記だけでなくスーパーでよく売られているパッケージの個数(豆腐3段重ねで売ってるやつ1個分、とか)で表現してくれててわかりやすいです。

スティレンep10 聞いてる途中。
食事メニューハックについては私も似たようなことしています。
(和食、洋食、エスニック)×(牛豚、鶏、魚、肉無し)の組み合わせで回してます。

iPhoneに銃を再利用した部品を使って、銃をなくすことに貢献、とかアップルがやるといいな。

私の音楽鑑賞はiTunes以前以後、AppleMusic以前以後に分けられる。
iTunesでは星のランク付けを細かにしていて、AppleMusicではハートマークをつけ始めた。
なのでフェイバリットな曲をランダムに流したい場合、昔好きだった曲を聞きたければ星を基準にしたスマートプレイリストを再生し、比較的最近気に入った曲を聞きたければハートマークを基準にしたプレイリストを再生する。

α6400は、6300と6500の間に位置するモデルって書かれてたけど、同じ背面ディスプレイのチルト方式を採用した6500の後継もそのうち出るのかな。

スペースキーのページスクロールって茄子Rの時代から

Kindle本買ってから紙本の方が良かったってなった時に、差額だけ払えば紙本送ってくれて、Kindle本は読めなくなるってしてくれると嬉しいのにな。

Google検索結果、任意の期間内に閲覧したことのあるページを除外して表示するオプション欲しい。

映画「アストラル・アブノーマル鈴木さん」
主役は地方在住の女性YouTuber。
YouTuberについてなんの説明もないし、動画撮影中の場面はあるが、公開された動画は映画に出てこない。
そんな映画ができるほどYouTuberは一般的になってきたんだな。
インディーズだけど「日本製造 メイド・イン・ジャパン」という映画にもYouTuberが登場する。

カミさんって関東っぽい。関西ではあまり聞かない。

松尾さんの息子さんの嫁予定の人はあらかじめITmediaの記事読んでたり、ポッドキャスト聞いてたり、YouTube見てたり、グルドンにいたりしたのだろうか。

QuoraのPCブラウザのUIってタブが増殖していくー。

もっと見る
グルドン

mstdn.guru(グルドンと呼んでください) は、主にポッドキャスト backspace.fm や drikin YouTubeチャンネルリスナーに向けた、情報共有・交流・コラボレーションを目的とするコミュニティです。 参加者全てに楽しんで頂くことをめざしています。 現在、登録は制限させていただいており、サーバの負荷状況に応じて徐々に広げていく予定です。登録の告知については、backspace.fmのポッドキャストやメーリングリストでお伝えします。